スポーツチャンバラ,スポチャンの普及・発展のために活動を行う大阪スポーツチャンバラ協会スポーツチャンバラグッズがどこよりも安い!スポチャンSHOP

スポーツチャンバラとは


当協会は、(社)日本スポーツチャンバラ協会、(財)大阪体育協会、(財)大阪府レクリエーション協会、大阪市体育協会に加盟し、大阪府下および大阪市域においてスポーツチャンバラの普及・発展を行っています。また、2012年6月には日本体育協会において、27番目の種目団体として加盟をさせていただきました。

「武術はすべて護身の技から始まる」という考えのもとに、1973(昭和48)年「全日本護身道連盟」が発足しました。
その後、名称を「スポーツチャンバラ」に変え、伝統武道の重々しさとは一味ちがった親しみ易さで、「昔あそび」の代表であるちゃんばらを今の時代に復活させました。
その間、安全な用具作りを進め、またルールを簡素化することで、全国に愛好者を拡げて来ました。

競技人口が増えるにつれ、レベルは高くなってきました。
大阪から毎年全国大会や世界大会の入賞者を出しています。
一本勝負にかける気力と高度な技を要求されるスポーツチャンバラは、競技スポーツにふさわしい資質を持っていると自負しています。


一方スポーツチャンバラは、日本の伝統的な遊びから生まれたこともあって、子供から学生、青年、高齢者まで広く受け入れられる可能性を持っています。
今後、年齢や男女差を超えて、誰もが楽しめる<生涯スポーツ>として発展することでしょう。


「どこを打ってもよい、どこを打たれてもいけない」に象徴される制約の少なさも、スポーツチャンバラの大きな利点です。
私たちはこの競技を、武道の持つ礼儀正しさとスポーツの持つ健康さを併せた、近代的な格闘競技として発展させたいと考えています。

当協会は講習会や研修会などの普及活動を行い、近畿大会、大阪大会をはじめ、審判講習会、段位審査会を数多く実施しています。
また自治体や地域、民間団体の要請を受け、市民フェスティバル、スポーツ祭典など各種イベントにも積極的に参加協力しています。

大阪体育協会の町田勝彦会長が
スポーツチャンバラの活躍を取り上げてくれました。

公益財団法人 大阪体育協会の町田勝彦会長が、国体報告等のご挨拶の中で、スポーツチャンバラ競技の活躍を取り上げてくれました。
詳細はこちら >>

試合、対戦について

■ルール・・・・ □ 1分間1本勝負、延長30秒
□ 決勝戦のみ3本勝負
□ 相打ちは両者負け
□ 場外反則2回で負け
□ 転倒しても、剣を落としても試合続行
□ 剣が相当の強さで先に当たった方が勝ち
□ 全身が有効打突部位

1対1の個人対戦が基本ですが、2対2、大人対子供3人などの組み合わせもあります。また、「合戦」や「城攻め」「サバイバル戦」の集団戦は特に子供たちに人気です。年齢や力の差があるときは得物を変えてハンディをつけることもできます。

■試合場・・・・ 通常7m×7mの正方形。6m~9mの範囲でコートの大きさを変えることもできる。
■得  物・・・・ 短刀45cm、小太刀60cm、長剣100cm、杖140cm、槍210cm、棒210cm、得物組み合わせで盾小太刀、二刀。
■ 技 ・・・・・ スポーツチャンバラは指定された部位しか打ってはいけない、というような制約はありません。構え方、足の運びなども自由で、形式にとらわれず、実践性に富んでいます。代表的な技は次の通りです。

【護身打ち】・・・扇(おうぎ)打ち、掬(すく)い打ち、廻(まわ)し打ち、押さえ打ち、はね打ちなど

【囲い技】・・・面囲い、胴囲い、肩囲い、下囲い、足囲い、突き囲いなど

【避(よ)け技】・・・反り避け、胴引き避け、足引き避け、伏せ避け、飛び避け、足あげ避けなど


資格について

スポーツチャンバラは段級制度を設けています。
子どもの場合は10級から始め、2、1級に進んでいきます。
中学~高校で初段に挑戦するパターンが多いようです。

年間を通じて、各支部で級位審査会を実施しております。お子様の参加も可能です。
他にインストラクターや審判資格もあります。


お問合せ先

▲ページTOPへ戻る